指マンとは?
指マンとは、指を使って女性の性器を愛撫する方法のことをいいます。手マンともいい、挿入前にクリトリスや膣の中を刺激することで、セックス中の感度を高められます。

指マンをすれば必ず気持ちよくなるというわけではありません。強く刺激すればいいというわけでもありません。強くやりすぎると痛みを感じてしまいます。気持ちいい指マンをするには、ちょっとしたコツが必要なのです。

では、「気持ちいい指マン」とはどういうものなのか、指マンのやり方やNGなやり方を一緒に確認していきましょう!

指マンの上手なやり方
  1. STEP1
  2. デリケートゾーンを触る指マンは、行う前に必ず手と体を清潔にしましょう。汚れが残らないように、お互い綺麗な状態で始めるのがベストです。衛生面に気を付けるのは大切なことなので、お互いの安全のために必ず行いましょう。
  3. STEP2
  4. いきなり直で触るのではなく、まずはショーツの上から優しく触りましょう。触れるか触れないか程度のフェザータッチで始めた方が感じやすくなります。また、焦らされることで感度が上がるため、指マンの前は優しく触れることを意識してください。
  5. STEP3
  6. クリトリスだけを刺激してしまうと、膣の中の快感が鈍くなる可能性があります。デリケートゾーン全体を優しくマッサージするように触ることで気持ちよさを感じることができます。一か所だけにとどまらず、快感を全体へ広げるイメージで行いましょう。
  7. STEP4
  8. デリケート全体をほぐしたら、再度クリトリスを優しく刺激しましょう。パートナーの反応をみながら濡れているかを確認します。しっかり濡れていない状態で指を挿入すると痛みを感じます。濡れていたら直接触っていきましょう。
  9. STEP5
  10. 濡れていることを確認したら、小陰唇を撫でながらマッサージを行います。手のひらを上に向け、指をゆっくり膣の中に入れていきます。いきなり奥まで入れると痛みを感じることもあるので、まずは入口周辺で優しく動かしましょう。
  11. STEP6
  12. 膣の入口周辺を優しく刺激しながら、痛みがなければGスポットを探していきます。気持ちのいいところ、もしくは動かし方を探っていきます。ただし、夢中になって強くなりすぎないように、力加減に注意してくださいね。
  13. コツ①
  14. 指マンだけに集中するのではなく、空いている片方の手で腕や頭などを触りましょう。安心感を与え、リラックスさせる効果があります。
  15. コツ②
  16. スキンシップだけではなく「可愛いよ」などの声掛けも効果的です。される側も、指マンの要望を伝えると安心感をプラスできます。
指マンでのイキ方
  1. 外イキ
  2. クリトリスを刺激することで「外イキ」させることができます。強く刺激すると傷みを感じる可能性があるので、優しくなでるように触っていきましょう。相手の反応を見ながら、指の動きを少しづつ強くしていきます。まずは人差し指か中指で円を描くようにタッチしたり、縦方向に強めの力で愛撫したり、感じ方によってやり方を変えてください。違った刺激を与えることで、クリトリスへの感度も高まります。最後に、女性が一番気持ちいいと思う動きで刺激を与え続けると、女性がイキやすくなるでしょう。
  3. 中イキ
  4. 中イキで重要なのが「Gスポット」です。指マンで気持ちいい箇所を見つけたら、指で刺激を与え続けましょう。Gスポットの位置や有無は個人差があるため、ゆっくり優しく膣の中を刺激し、感度のいい場所を探してください。反応がいい部分が見つかったら、小刻みに指を動かしたり、その部分を指で優しくマッサージしたり、刺激を繰り返すことでやがて中イキすることができます。「力が抜ける」「尿意を感じる」など、感じ方はさまざまですが、それがオーガズムなのです。
指マンで潮吹きできる?
指マンで潮吹きをさせることは可能です。

潮を吹くことは気持ちいいこととされていますが、実はそんなことはありません。むしろ指マンの潮吹きで痛みを感じる人もいます。潮吹きは尿意に似た感覚で、「おしっこが我慢できない」と感じる人も多いようです。そのため、潮吹きは男性の憧れでもありますが、必ず女性に許可を取り無理をさせないことが大切です。

やり方としては、Gスポットを探したあと、優しく刺激します。ある程度刺激をしたら、今度は指を2本に増やし、指の腹で圧迫していきます。刺激を続けていくと、Gスポットが膨らんだ感覚になり、それが潮吹きにつながります。リラックスしている状態だと、より潮を吹きやすくなるので、安心感を与えてあげてくださいね。
指マンのNGなやり方
  1. 乾燥した状態で膣に入れる
  2. 膣が濡れていない状態で指を入れると、痛みを感じやすく、傷付いてしまう可能性があります。
  3. たくさん指を入れる
  4. 本来、指マンで入れるのは1~2本です。指をたくさん入れると痛みを感じやすいので、気を付けましょう。
  5. 速いスピードで動かす
  6. 指マンのスピードが速すぎると痛みを伴います。まずはゆっくりとしたスピードで慣らしましょう。
  7. 強く刺激する
  8. 強すぎる刺激は気持ちいいどころか、痛みを感じやすいので注意してくださいね。
  9. 無理やり奥まで入れる
  10. 奥にいくほど痛みを感じやすいため、無理やり奥まで指を入れないようにしましょう。
指マンで使えるグッズ
  1. フィンドム
  2. フィンドムは指用のコンドームです。フィンドムをつけることで汚れから膣を守り、お互いの安心感を高めてくれるでしょう。使い捨てなので、指に臭いがうつることもありません。ケガを予防する効果もあります。
  3. ローション
  4. 濡れにくいときは、ローションを使ってうるおいをプラスしましょう。ぬるぬるとした感覚で、愛撫がさらに気持ちよくなります。摩擦を少なくするので、痛みに弱い方にもオススメですよ。媚薬入りのものなど、さまざまなタイプがあります。
  5. デリーケートウェット
  6. デリケートゾーンの臭いが指に残らないか、気になる方も多いでしょう。指マンの前に、デリケートゾーン専用のウェットシートの使用がオススメです。気になる時に手軽に汚れや臭いをふき取ることができます。
  7. デリケートゾーン専用洗剤
  8. デリケートゾーンは常に清潔にしていたいですよね。急なタイミングでも安心して彼とのセックスを楽しめるよう、デリケートゾーン専用洗剤でケアしておきましょう。臭いの元や汚れを優しく落としてくれます。
まとめ
気持ちい手マンや指マンは、セックスをより楽しめるポイントです。いきなり指を入れたり、濡れていない状態の挿入はNGです。じっくり時間をかけて、パートナーとの時間を楽しんでくださいね。
その他のオススメコラム!